年金は不労所得!?

スポンサーリンク

不労所得について考えました。
自分らが定年退職した後に本当に貰えるのかわかりませんが、年金も不労所得だと言って良いのではないかと思います。

将来お金を貰うためにいま投資していると考えれば、立派な不労所得になると思います。
そう考えたとき、年金について詳しく知らないことに気付きました。

ちょっとお勉強です。
年金の種類はどんなものがあるのでしょうか。
国民年金、厚生年金ぐらいはパッと浮かびますが他にもあるのでしょうか、、、。
調べてみると上の二つ以外には、共済年金というものがあるようです。
これは公務員の方々向けのものみたいです。
とりあえず、いまの自分には関係なさそう。

国民年金と厚生年金、それぞれどれくらい貰えるんでしょうか。
これもgoogle先生に聞いてみます、、、。
当たり前ですが税金を納めた期間で変わるようです。
最大で年額約80万円らしい。

厚生年金は収入と期間によって大きく変わってくるようです。
計算が結構面倒だし、細かい収入とかいろいろ考えないといけないみたいですが、月収40万円ぐらいの人でも年額100万円ぐらいみたいです。
※あくまでも参考程度にお願い致します、、、

合計しても年額で300万円もいかないんですね。
ビックリですね、、、貯金などもなく老後を迎えるとかなり厳しい生活を余儀なくされるかもしれません。

もちろん家族構成や賃貸か持ち家か、などによっても支出は変わってくるので一概には言えませんが。
今よりも生活ランクを落とさないと生活していけないというのが現実かもしれません。
※あくまでも主観です

有るのと無いのでは大違いの年金ですが、他にも何か不労所得を用意しておかないといけないと自分は思います。
みなさんはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする